読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mirror

自分の考えを見る鏡。

オバマ大統領のスピーチで印象的だった3つの発言

昨日、オバマ大統領が広島の平和記念公園を訪問しましたね。
大統領と言葉を交わした被爆者の坪井さんという方が、テレビのインタビューに対して今回の訪問が本当にうれしいと力強く語っていたのを見て、長年の悲願がかなった大事な出来事だったんだなと伝わってきました。
 
 
そして、ここでオバマ大統領のスピーチで印象に残った発言3つをピックアックします。
 
1.人間社会の発展なき技術の進展はわれわれを破滅させる。
Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us.
原子核の分裂につながった科学的な革命は、倫理上の革命も求められることにつながる。
The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.
 
2.全ての人にとってかけがえのない価値、全ての命が大切であるという主張、われわれは人類という一つの家族の仲間であるという根本的で必要な概念。われわれはこれら全ての話を伝えなければならない。
The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family: that is the story that we all must tell.
 
 
3.広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、私たちの道義的な目覚めの始まりであるべきだ。
That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare, but as the start of our own moral awakening.
 
 
過去の戦争のこと、今起きている戦争のこと、もっと関心をもってちゃんと知っておきたい。
それがまず私にできることかなと思いました。